ゾンビ好きは納得するであろう『ゾンビ好きあるある』
スポンサーリンク

 

どうも、シロウサ (@sirousa_com ) です。

 

私、ゾンビ大好き人間なんです...。どのくらい好きかというと、『ゾンビの話をすると目が輝くよね』と言われるくらいです。

 

...いや、いつもどれだけ目死んでるの!??

と突っ込みたいくらいですが。(因みにこれ言われたの中1です。根暗か!!!

 

とにかくそんなゾンビ好きが、ゾンビ好きに共感してもらいたくて書く記事です。

 

 

という事で、今日は

ゾンビ映画、ゾンビゲームが好きな人
ゾンビを倒す妄想を常にしてしまう人
常にゾンビがいたら...と考えてしまう人
ゾンビの話になると目が輝く人

 

を対象とした話をしていきます。

 

上記に当てはまらない人でも是非読んでくださいね!

(読まないとゾンビになりますよ。)

 

スポンサーリンク

 

ゾンビを好きになった原点

私がゾンビという存在を知ったのは、

映画『バイオハザード』を見た時でした。

 

小さい頃、土日にレンタルビデオ店で怖い映画などを借りて家族で見る習慣があったのですが、その時に借りてきて出会ったのが『バイオハザード』だったんです。

 

バイオハザードがとてもすばらしい作品だったからという事もありますが、この出会いから私のゾンビ好きは加速していきました。

スポンサーリンク

ゾンビ好きあるある

 

では、本題のゾンビ好きあるあるを述べていきたいと思います。

ゾンビは走っちゃダメ!

最初から重要ポイントです。

 

いろんなゾンビ映画を見てきたりしましたが、やっぱり面白いな~ってかんじるのは、

ゾンビが走らない映画なんです。

 

映画バイオハザードでも段々ゾンビが進化して、『バイオハザードⅢ』では完全に走るようになってしまいましたが...

(それでもバイオハザードは好きです。)

 

私的に『バイオハザードⅠ』のゾンビが一番良かったです。

 

 

では、なぜゾンビが走ってはいけないのか?という事ですが、

 

それは簡単です。

倒すのが難しくなるし、すぐ追いつかれてやられてしまうからです。

 

私がゾンビを好きな理由に、ゾンビは倒せるからという事も含まれているので、(次に記述します。)すぐに人間がやられてしまうのはナンセンスなんです。

例外ゾンビ

 

因みに映画バイオハザードの話ですが、走ってもいいような例外ゾンビもいます。(完全私嗜好)

 

それがこちら!

 

ケルベロス

 

出典:異生物大図鑑 ケルベロス(ゾンビ犬)

犬(ドーベルマン)が感染してゾンビになったタイプです。元がドーベルマンなので足は普通に早いです。

 

リッカー

 

出典:異生物大図鑑 リッカー

実験生物の一つとしてつくられた生物兵器。

舌がとても長いです。

そして新鮮なDNAを摂取することで急速に変異します。(強くなります。)

 

今回は映画『バイオハザード』だけで取り上げましたが、『バイオハザードⅡアポカリプス』でも一般的に知られる、2足歩行の弱そうなゆらゆらしたゾンビとは違うのが出てきます。

私的にそれらは走ってOKです。(考え方が独特...)

ゾンビは倒せるからいい!

私がゾンビを好きな理由!

その理由の一つに『ゾンビは倒せる』というのがあります。

 

お化けとかって、正体がいまいちよく分からないうえに、倒せないじゃないですか...

着信アリとか、貞子?とかちょろっと見たことがあるのですが、『え、待ってこれって倒せないじゃん!もうこの世の終わりじゃん!死ぬしかないじゃん!!!』

ってなって、怖さしか残らないんですよね...

 

でもゾンビの場合は、『倒せる』んです!!!

 

それぞれの映画で設定は変わってくると思うのですが、大体は、『脳か脊髄』に衝撃を与えれば倒せるんです。

だから銃を使うにしても、頭を狙えば倒せますし、頭を捻って首を折れば倒せるんです!!!(真顔で何を語っているんだか...)

どんな風に?と思った方は『バイオハザード』を見て下さい。

 

因みにAmazonプライムだと月々500円(年間4900円)で見れちゃいます。もちろん、バイオハザード以外のいろいろなDVDも見れちゃうのでおすすめです。

 

エレベーターで一人の時は構えてしまう癖がついてる

これはゾンビ好きというか、バイオ(映画)好きになってしまうかもしれないうえに、結構頭いっちゃってるレベルかと思うのですが...

よく映画とかでエレベーターに乗って、目的の階に到着して、エレベーターの扉が開く時に身を低くして銃を構えるんです。

 

(こんなかんじ↓因みにこれはバイオハザードⅠの場面です。)


出典:ゾンビハンターの日常

これをエレベーターに乗った時に一人だとやってしまうという私の中のあるあるです...

(『バイオハザードⅢ』の最後のほうでアリスが実際にエレベーターに乗ってやってます。)

 

共感してくれる方は、、

 

いませんね。ってことで次行きます!

今ここでゾンビに襲われたら...

ゾンビ好きな人は多分普段から考えている事の一つだと思います。

 

『ここでゾンビに襲われたら...』

 

このイメトレは結構大事ですよ。

 

・電車で通勤中、ホームに降りたらゾンビがいて...ここからどう逃げる?はたまた戦うか?

・どこのビルが一番安全か?いや、ビルだと逃げてくる人が多いから中に感染者がいたら終わる...じゃあ、見渡しがいい屋上とかがある家の扉を完全に封鎖して、屋上から様子を見るようにするか...

・もしくは頑張って家に帰るか。

 

考えておくと、いざという時に役立ちます。というわけでもないのですが、どうしても考えてしまうんですよね。

こちらは共感してくれる方がいるのではないでしょうか...?

何を用意しておけばいいのか?

 

これは災害時に備えるような考え方と全く同じです。

 

食料もそうですし、飲料も大事ですよね。

あとはライトも必要ですし、ゾンビを倒せる何かも必要です。

 

因みに私がゾンビ対策用でほしいものがこちら!!

切れない手袋です!!

いやいや、ゾンビを倒すのになんで手袋?と疑問に思うと思いますが、私なりのちゃんとした考えがあるんです。

 

まず、銃があれば一番いいですがありませんし、弾が切れたら使いものにならないので却下。

 

じゃあ、ナイフとかは?

ゾンビは先程も言ったように、大体の設定で『脳か脊髄』にダメージを与えないといけないので、ナイフで頭をつき刺すとしても、抜くのが大変です。

しかも、いつゾンビが来てもいいように持ち歩きたくても、持ち歩いてたら完全に警察に捕まるので却下。

 

そして思いついたのがこの『切れない手袋』なんです。

どのくらいの強度があるのか私もまだ買っていないので分からないのですが、かなり強靭なタイプの手袋なら、ゾンビがかじりつこうとしても傷はつかず、感染はしないと思うんです。

...いや、それでゾンビは倒せないじゃん!と思ってる方!!

倒せるんです。

 

先程も言ったように、脳か脊髄にダメージを与えるんです。脊髄にダメージを与えるとしたら、頭をひねって首を折るのが一番なんです。

 

...分かりましたか?

この手袋をして、ゾンビから噛まれるのを防ぎながら頭を捻って倒すんです。

 

あくまで私の考えなので、

ゾンビが本当に現れたら。という時のことは自分で今一度考えてみて下さい。

 

因みにもう一つはこちら!


浄水器はゾンビ関係なく、災害時の為に備えておきたいですね。

車の免許、とろう!

私は車の免許を持っていますが、普段運転しません。

理由は、一度ハクビシンを引きそうになったからです。幸い引かずにすんだのですが、もう怖いので乗らない事にしました。

 

ですが、

ゾンビが来たらどうにもこうにも逃げなくてはいけません。

走らないゾンビだとしても、数が多くては逃げきることは難しいです。そんな時に車を運転できたら安心です。

 

という事で、私はゾンビが来た時の為に車の免許を取ったと言っても過言ではありません。

同じような方はどのくらいいるのか、とても興味はありますが、多分いないでしょう...

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ゾンビ好きでもこんな変わった人は数少ないと思いますが、もし共感してくれる方がいたら嬉しいです。

 

...そして共感してくれた方は是非そっと、 (@sirousa_com )こちらをフォローしてください。(笑)

 

 

相談など受け付けております。

シロウサのLINE@

私がお話を聞くことで、もしなにか少しでも助けになるようであれば...
いつでもお待ちしております。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事